• ホーム
  • 電子タバコのパッケージで禁煙

電子タバコのパッケージで禁煙

タバコと煙

禁煙によりもたらされる効果として、最も有名なのが口内環境が整うということです。
様々なパッケージの煙草に共通しているのが、吸い込んだ煙は、まず口内に充満するということです。
禁煙せずに、煙草を吸い続けていると、煙が全身に行き渡るので、手足というような末端まで異常が生じます。
近年では、従来品に比べ健康に害を与えないとされるパッケージの煙草も販売されていますが、煙の中に好ましくない物質が含まれていることに変わりありません。
そこで、近年話題になっているのが、電子タバコです。
電子タバコは、吸い込むと煙草のように煙が排出されるものの、有害性がありません。
電子タバコの煙に有害性が無いのは、水蒸気であるためです。
水蒸気なので、通常の水を飲用しているのと遜色無いのです。
水蒸気なので、吸い込む度に粘膜が潤い、喉の調子が良好になるとも言われています。
そのため、喉を酷使するお仕事の方に重宝されています。
電子タバコのパッケージは、煙草とは明確に異なる記載がされています。
それは、健康についてです。
タバコのパッケージには、できるだけ禁煙を促すために、喫煙することで健康に大きな害を与える旨の文言が書かれています。
一方、電子タバコには吸うことで気管の粘膜が潤い、声が出しやすくなるという説明が記載されています。
同じタバコという名前が付いているものの、健康に害を与える物と健康を促進させる物として、大きな違いが存在しているのです。
電子タバコに切り替えることにより、口内環境が整うことで、見た目が良好になります。
喫煙により、最も見た目が悪化するのが、歯に付着するヤニ汚れです。
ヤニ汚れは歯磨きでは落とせないので、歯医者に行くしかなくなります。