• ホーム
  • 禁煙薬奏で本当に禁煙ができるのか?

禁煙薬奏で本当に禁煙ができるのか?

禁煙表示

禁煙草はタバコを止めたい人をサポートするグッズです。
インターネットを中心に販売されており、使い方は通常のタバコと同じように火を点けて吸うだけです。
禁煙グッズの多くがニコチンを摂取させて禁断症状を緩和させますが、禁煙草は最初からニコチンを摂取しないのが翌朝です。
しかしタバコを吸っている感覚があるので、タバコを吸いたいという欲求を満たすことができます。
多くの人が1~2ヶ月以内に禁煙に成功しています。
値段は110本で1万円を少し切るくらいで、今までタバコを吸っていた人にとってが高いと考えられやすいですが、喫煙によって病気にかかり治療費を捻出するのと比べると安いです。
使われているのは杜仲茶です。
杜仲茶自体はダイエット効果があるなどで有名になりましが、葉を吸うとタバコに似た味がします。
4週間で1箱使うのが基本的で、徐々にに毎日吸う本数を減らします。
禁煙草は韓国の食品医薬品安全庁が認可したもので、日本で流通している商品も輸入品です。
輸入品はその安全性が問われることが多く、禁煙草も例外ではありません。
韓国のメーカーは副流煙などの害はないと言っています。
ただしニコチンを含まない一方で、タールは4mg含まれています。
それに対してこの量のタールは食品を加熱調理すれば発生するため、健康に特に被害を与えるものではないと主張します。
取り扱い説明書には、妊婦は使用が禁止されているので、胎児に何らかの影響があり、絶対に安全ではありません。
イギリスでは長期使用は健康に良くないと警告しているサイトもあります。
よって効果的に禁煙できる方法ではありますが、禁煙草を利用する時は4週間だけにして、それまでに成功できるように努力します。